Amazon

【Amazonセラーセントラル】バーチャルオフィス Karigo活用で自宅住所を公開しない方法

(この記事は2022年8月19日に更新されました)

  • 副業バレを1%でも減らしたい
  • 個人情報をネット上に晒すのに抵抗がある
  • 一軒家に住んでいてトラブルをなるべく避けたい

この記事はそんな方に向けた記事です。

実は、Amazonで出品するには、特定商品取引法(特商法)の関係で「販売者の住所や電話番号」をサイト上に記載しないといけません。

私は利益を少しでも多く残すために自宅の住所をAmazonに登録して出品しています。

しかし、Amazonに自分の住所を晒すことに抵抗がある方も多くいます。

この記事を読むと利益が減りますが、自宅住所をネット上に晒さずにAmazon出品者になれます。

結論はバーチャルオフィスKarigo(カリゴ)を活用すれば住所を一切公開せずにAmazonセラーセントラルを利用することができます。

また、電話番号は050から始まる電話番号アプリ「my 050」を利用すればKarigoの最安値プランで十分です。

バーチャルオフィスなら「住所」を借りれる

バーチャルオフィスならAmazonマーケットプレイスの出品者情報に記載する販売元住所を借りれるため、個人の住所を記載する必要がなくなります。

また、バーチャルオフィスの住所は「開業届」に記入することも可能です。

ちなみに、メルカリでは、個人間プラットフォームのため、出品者のプライバシーに配慮して、匿名販売(匿名配送)することができます。

Amazon物販で求めるバーチャルオフィスの条件を満たすのはKarigo

  • 月額の利用料が低コストであること→コストはなるべく抑えたい
  • 利用者が多いこと→レビューからサービスの質を見極める

上記2つを満たす条件でバーチャルオフィスを調査しました。

調べていると、Karigoレゾナンスが、圧倒的に利用者が多く値段とサービスの質に差はほぼありませんでした。

しかし、Karigoは北海道から沖縄まで全国50ヶ所以上拠点があり、レゾナンスよりほんの少しだけ評価を上げました。

ぶっちゃけ、どちらもよいバーチャルオフィスであるため好きな方を使えばいいと思います。

個人名義なら3300円、屋号利用する場合は5500が最安

Amazonせどりを実践する前提でしたら、いちばん安い料金で使うことができる「ホワイトプラン」で十分です。

個人名義でオフィスを借りる場合は、3300円で済みます。

しかし、Amazonセラーセントラル利用では屋号利用になり5500円かかります。

Karigoを利用するまでの主な流れ

  1. アカウント登録申請及び本人確認資料アップロード
  2. 電話にて利用内容等の確認
  3. 住所確認書類の送付
  4. 住所確認書類記載のPINコードを本人確認画面に入力
  5. アカウント発行完了メールの送付
  6. 銀行振込または、クレジットカードにて決済

1週間くらいは利用開始までかかります。

Karigo利用者の評判

Twitterのフォロワーのたかさんは2021年2月からKarigo使用されておりましたので、いくつかKarigoについて聞いてみました。

リアルな利用者の意見です。

Karigoを利用することにした決めては、

  • サイトで紹介されていたこと
  • 電話対応がまともな感じであったこと

ご使用されているプランは最安値のホワイトプラン

誤算は、ネットショップ利用だと3300円ではなく5500円かかることだったそうです。

たしかにネットショップ利用だと2200円上乗せされるのはぱっと見だと分かりにくいとは思いました。

また、半年利用でkarigoのオフィスに荷物が届いたことは今のところないそうです。

現時点で、たかさんはKarigoに対して不満はない様子。

固定費が増えるのは痛いですが、住所を守れるなら良い出費だと私も思います。

バーチャルオフィス Karigo活用で住所バレを防ぐ方法 まとめ

ここまで、バーチャルオフィス Karigo活用で自宅住所を公開しない方法を紹介しました。

まとめると次の通りです。

  • Amazon出品で「住所」を晒したくない場合はKarigoがおすすめ
  • Amazon利用の場合、最安値は5500円
  • たかさんの体験談からKarigoは優良(トラブルなし)

本記事は、オンラインサロン、ブログ、youtube、Twitterで情報収集しました。

どの媒体で確認してもKarigoは常に上位1位か2位の人気を誇っており、使用者もたくさんいました。

もし、バーチャルオフィスに迷っているなら、Karigoは無難な選択と言えます。

バーチャルオフィスはKarigo以外にもたくさんあります。

一応、調べた中で、良いと思った他のバーチャルオフィスもまとめておきます。

以上、ここまで読んで頂きありがとうございました!!