楽天ポイントせどり基礎

【楽天ポイントせどり】失敗しない仕入れ基準は?購入してはいけない商品3つ紹介

情報商材はいらない

(この記事は2021年12月25日に更新されました)

  • 在庫を抱えるリスクが不安
  • 仕入れはできたが全く売れなくて困っている
  • 明確な仕入れ基準が知りたい

こんなことで悩んでいませんか。

楽天ポイントせどりは仕入れの基準を明確にすることで月5万円を達成することは難しくありません。

また「有料で利益商品を教えます」という怪しい輩が近づいてきますが、ゴミ商品であることが大半です。

私は楽天ポイントせどりで月5万円以上の利益を得ています。

この記事を読むと、楽天ポイントせどりにおいて仕入れてはいけない基準がわかるようになり自信を持って仕入れができるでしょう。

結論、楽天ポイントせどり初心者の仕入れ基準は「1ヶ月以内に売れ切れるか」です。

根拠を持って仕入れをすれば在庫を抱える不安はありません。

利益を多く残せるように明確な基準持ちましょう。

仕入れ基準は1ヶ月以内に売れ切れる高回転商品か

商品を仕入れる際に私が意識していることは1ヶ月以内に売れることです。

クレジットカードの支払いに間に合うように現金を回収できれば永続的に仕入れを行うことができます。

仮に1個売れれば30%の利益があるとしても、3ヶ月に1個しか売れないものを仕入れた場合はクレジットカードの支払に間に合いません。

最悪な場合、クレジットカードの支払いに間に合わず現金がなくなります。

でも大丈夫です。

楽天ポイントせどりはポイントを利益に考えて仕入れを行うため、売れやすい高回転商品を仕入れることが簡単です。

上級者はあえて利益をとるために3ヶ月商品を寝かせてから売る方もいますが、初心者は1か月以内に売れる高回転商品を仕入れてせどりに慣れることをおすすめします。

うどんのAmazon販路における仕入れ基準

Amazonを販路にする場合の私の仕入れ基準を紹介します。

あくまでも私の仕入れ基準なので参考程度に。

ちなみに私が仕入れた商品の8割~9割は1か月以内に売れています。

また遅くとも3ヶ月以内には必ず売り切っているので参考になるでしょう。

  • 1週間以内に発送される
  • ランキング5桁以内
  • Keepaの価格推移グラフが安定しているか
  • 商品が売れているか
  • ライバルの人数が多すぎないか(急増している場合は注意)
  • 逆に少な過ぎないか(1~2人など)
  • カートが取れそうか
  • 出品制限がないか

基本的には上記を満たす条件の商品しか私は仕入れを行いません。

前提としてAmazonではカートが取れなと売り切ることは困難になります。

私の経験から8つすべてを満たす商品は1か月以内に売れる可能性が高いです。

仕入れの際は参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考:【出品初心者必見】Amazon出品で5万円の利益を得る方法 迷わずに準備・始め方を6つ紹介

楽天ポイントせどりで仕入れてはいけない商品の具体例

私のTwitterに「3000円で利益商品を3つ教えてもらったから仕入れていいか教えて欲しい」という相談を受けました。

正直自分で判断してほしいですが、明確な基準がないと困るだろうと思い3つの商品を今回は特別にリサーチ。

結論、私は3つとも仕入れません。

ここからは、3つの商品がなぜ仕入れ対象にならないか。

実際の商品3つそれぞれを具体的に解説します。

仕入れていけない商品が分かれば仕入れてよい商品も見えてくるでしょう。

ぜひ参考にしてくださいね。

岡野製作所 ロール丸首輪 (犬用の首輪)

一つ目は犬用の首輪。

ラクゾンから楽天とAmazonで価格差があり、ランキングも4桁以内で一見良さそうです。

しかし、仕入れてはいけない点が3つあります。

  • 出品制限が掛かっている
  • 大口出品者は一人(企業)
  • 10個以上購入しないと手数料がかかるため少量購入できない

ちなみに他のバリエーションの首輪はすべて」Amazonがカート取得率80%以上のため、個人出品者はカートが取れないことが予想できます。

試しに1つだけ購入しようと考えても599円の送料がかかります。

そもそも実績のない初心者は出品制限を解除できないのでAmazonで売ることはできません。

解除できても手元に残る利益が薄利かつ少量購入すると手数料がかかるため手数料負けします。

結論、私は岡野製作所 ロール丸首輪は仕入れません。

Microsoft モバイルマウス

二つ目はマイクロソフトのマウス。

ラクゾンから価格差がありショップポイントが付与されるタイミングなら利益がでそうな商品にみえます。

しかし、仕入れてはいけない点が4つあります。

  • 1人一つしか買えない
  • 納期が2週間かかる
  • マイクロソフトは出品制限がある
  • Buy Box Statisticsからカートの取得が困難

私が仕入れ基準として高単価で利益が取れるなら1つだけ購入でも良いですが、3000円程度の商品なら3つ以上は購入したいです。

また納期が2週間かかるのは遅すぎるため仕入れ対象になりません。

さらにマイクロソフトは出品制限が掛かっており、解除するのは初心者には難しいです。

Keepaの波形はよく売れているのは分かりますが、Buy Box Statisticsからカート取得率90%以上のショップが存在するため、こちらがカート取得できる可能性は大幅の値下げでもしない限りかなり厳しいことが予想できます。

以上よりマイクロソフトのマウスは仕入れ対象になりません。

Canon 電卓

最後にキャノンの電卓。

ラクゾンから価格差があり一見良さそうです。

しかし、仕入れてはいけない点が2つあります。

  • キャノンは出品制限がある
  • Buy Box Statisticsからカート取得が困難

私の場合、キャノンの出品制限はワンクリックで解除できました。

ある程度Amazonで販売実績があればワンクリックで解除できるかもしれません。

しかし、Buy Box Statisticsからカート取得率85%のショップがいることから私たちがカートを取れる可能性は低いです。

以上から私はキャノンの電卓は仕入れません。

まとめ:根拠を持って仕入れをすれば怖くない

ここまで、仕入れてはいけない商品を例にうどんのAmazon販路における仕入れ基準について紹介しました。

まとめると次の通りです

  • Amazonと楽天の価格差だけをみて商品を購入するのはNG
  • Buy Box Statisticsが70%以上のユーザがいる場合は避けた方がいい
  • 自分の力でリサーチしてせどりを楽しもう

具体例3つからいくら価格差があったとしても出品制限やカート取得率を考えると購入しない方がよい商品の特徴が何かがお分かり頂けたら嬉しいです。

改めてうどんの仕入れ基準は

  • 1週間以内に発送される
  • ランキング5桁以内
  • Keepaの価格推移グラフが安定しているか
  • 商品が売れているか
  • ライバルの人数が多すぎないか(急増している場合は注意)
  • 逆に少な過ぎないか(1~2人など)
  • カートが取れそうか
  • 出品制限がないか

参考に仕入れを行い高回転で楽天ポイントせどりを楽しみましょう。

以上、ここまで読んで頂きありがとうございました!!